原田泳幸氏の考えを取り入れる【プロフェッサーのような考え方】

データに捕らわれない考え

何かを書く

企業で売上を伸ばし続けるということは中々難しいことです。なぜなら、多くのライバル企業が存在するからです。ライバル企業がいることでお客を自分たちだけの企業に集めることが難しいために、企業は独自の経営方法でお客を獲得するのです。
中でも、ファーストフード店は激戦区となっていますが、マクドナルドの現取締役の原田泳幸氏は他店と差を付けるために多くの戦略を打ち出してきました。商品を安くすることや、営業時間を伸ばすことなど多くのことをしてきました。
また、原田泳幸氏は日本人がコーヒー好きということを活かして、コーヒーを安くしたり、セットでコーヒーを売り出してきました。特に、朝マックは大きな売上を伸ばすことに貢献をしました。
100円マックと100円のコーヒーのセットで販売をしました。また、100円マックも通常の商品と違い朝限定のメニューにすることで、希少感を出す事で、多くの方が利用するようになりました。

原田泳幸氏は日本人に人気のコーヒーに目を付けたことで、大きく売上を伸ばすことに成功しました。値下げだけでなく、連動させることで多くの方が利用するようになりました。また、この方はデータだけに捕らわれない考え方を持っており、数字上ではありえないようなことを色々と成功させてきました。
このように、独自の考え方を持つことで、マクドナルドの売上を大きく伸ばしてきたのです。さらに、マネジメントよりもコーチングに力を入れることで、従業員はやる気を出し、お客を満足させられるサービスを提供することが出来たのです。