原田泳幸氏の考えを取り入れる【プロフェッサーのような考え方】

群雄割拠の争い

歩く男性

現代では色々な企業が出てきている中、ファーストフード店は群雄割拠の争いを繰り広げています。なぜなら、多くのファーストフード店が誕生したからです。昔までは、有名なお店が3~4店舗あるだけでしたが、時代が進むごとに多くのファーストフード店が誕生してきたからです。
そのため、多くのファーストフード店が独自のオリジナル戦略でお客争いを繰り広げています。例えば、高級な牛肉を使ったハンバーガーを売りとしているお店では、品質の高さを売りにしていて品質を求めるお客が沢山集まってきます。
品質ではなく安さを追求したファーストフード店では、ターゲットを学生や主婦の方に絞っています。学生や主婦はお金をあまり持ち合わせていないためです。このように、色々な企業戦略がある中、原田泳幸氏率いるマクドナルドは様々な企業戦略を打ち立ててきました。

原田泳幸氏は現マクドナルドの代表取締役を務める方で、100円マックや24時間営業を提案して、マクドナルドの売上を大きく伸ばすことに成功した人です。この方は、凄い経営手腕を持っているため1994年にアップルからスカウトを受け、現マクドナルドの取締役となっています。
また、この方は著書も出していて多くのビジネスに興味を持っている方は買い求めています。さらに、原田泳幸氏は多くの名言を残しており著書を読むことで名言を知ることが出来ますので、気になる方は原田泳幸氏の著書を買ってみると良いです。そうすることで、この方がどのようなことを考えているのかを知ることが出来ます。