原田泳幸氏の考えを取り入れる【プロフェッサーのような考え方】

仕事術をプロから学ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pick Up

群雄割拠の争い

歩く男性

原田泳幸氏は現マクドナルドの取締役となっています。昔は別の会社の取締役でしたが、1994年にアップルからヘッドハンティングを受け、マクドナルドの取締役となりました。

More...

利用者目線を持つ

企画書を持つ男性

企業の売上をアップさせようと考えても中々上手くは行かないものです。ですが、原田泳幸氏は独自の考え方で売上を伸ばしてきました。特に、売上だけでなく従業員のことも考えることで、結果的に売上を伸ばすことが出来ました。

More...

データに捕らわれない考え

何かを書く

マクドナルドの取締役である原田泳幸氏は独自の発想で、大きく売上を伸ばしてきました。特に、日本人が好きなコーヒーに目をつけることで、他店と差を付けることに成功しました。

More...

トップに君臨する考え

ネクタイを締める

現代では色々な企業がありますが、企業を運営していくには色々なことを考えながら運営をしていかなければなりません。なぜなら、企業の売上を上げるためには独自の戦略を打ち立てて行かなければ、企業争いに勝つことが出来ないためです。
企業により職種は変わってきますが、基本的にはライバル会社に差を付けるために努力が必要となるのです。その大切な戦略を決めるのが会社のトップとなる代表取締役になります。
代表取締役がキチンと企業戦略を決めていけば、会社は一丸となってその戦略に伴い売上を伸ばすことが出来るのです。特に、マクドナルドの売上を大きく伸ばした原田泳幸氏は凄まじい経営手腕でマクドナルドを再建しました。

この方の経営手腕はすごく、100円マックなどを考えだした人もこの方です。100円マックは今では当たり前のように多くの方に親しまれていますが、昔のファーストフード店では考えられないほどの安値なのです。
また、24時間営業にしたのもこの方で、24時間にした結果マクドナルドは売上を大きく伸ばしています。このように、色々な企業戦略を打ち立てることで他企業と差を付け、トップのお店に君臨することが出来たのです。
この方の考え方は、ファーストフード店だけでなく多くの企業で取り入れることが出来ます。特に、誰もが思いついても実践できないようなことを実践することで、多くの企業の売上を伸ばしてきたのです。
そのため、最近の起業家の方はこの方を参考にして、経営方法を考えなおす方が増えてきました。